本巣市立土貴野小学校 本巣市立土貴野小学校 Motosu City Tokino Elementary School

校長挨拶

Principal’s Greeting

「心ゆたかに たくましく」 考える子 思いやる子 やりぬく子 を目指して
校長佐藤直秀

本校は,明治6年(1873年)に創立された『好問義校』を前身としています。そして,『土貴野』という名称は,美濃国守護職であった土岐氏一統の支配のもとで開拓された地ということから冠されたと伝えられ,それを今に引き継ぐ伝統ある学校です。明治時代に新校舎が竣工された時には,日本の女子教育の先駆者と言われ実践女子学園を開いた下田歌子氏より,祝いの和歌が揮毫されています。
本校の教育目標は,『心ゆたかにたくましく』で,激動の社会を,思いやりにあふれ力強く生き抜く子を目指しています。そして,地域の豊かな自然や文化・伝統をふまえた体験活動を通しながら,地域の方々とのふれ合いの中で,児童が自己を見つめ力を伸ばすことに力を入れています。
児童たちが掲げる3つの学校自慢,挨拶・掃除・思いやりは,校風の確立とともに,社会人として生きるための必須の価値を身に付けることにつながると考えています。
当然ながら,このような教育活動を進めていく上で,保護者や地域の皆様のご理解ご協力が不可欠です。本年度も,変わらぬご支援をいただきますようお願い申し上げます。


校報「土貴野」 4月7日第1号より抜粋

ご入学、ご進級おめでとうございます。かわいらしい27名の新入生を迎えて、全校児童133名で令和4年度が始まりました。

さて、新しい学年の始まりにあたり、入学式や始業式のあいさつで次の内容を話しました。
1年生の子には
・「お友達と仲良く」し、「ちょっと難しいかなと思うことも、まず自分でやってみる」ようにし、すてきな1年生になりましょう。
2年生・3年生・4年生・5年生・6年生の子には
・小さな「できた」ことを積み重ね、自分のよさを感じられるようになりましょう。
・正しいと思うことを進んで行い、周りの人を笑顔にできる人になりましょう。
・あきらめずに、工夫したり挑戦したりできる子になりましょう。
・弱い心に負けず、もう「あと一歩」を乗り越えられる人になりましょう。

子どもたちは1つ進級し、「新たな希望」をもって頑張ろうとしています。おそらく今後も、新型コロナウイルス感染症への感染対策が必要な状況が続くかと思われますが、子どもたちのすこやかな成長を願い、可能な限り「できるように工夫する」「あと一歩の充実を目指す」ことを大切に教育活動を実施し、心ゆたかでたくましい」ときのっ子を育てていきます。保護者の皆様や地域の方々のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。