席田と戦争

 

1.滑走路

 

 昭和20年の太平洋戦争中に、席田小学校から北方周辺に(上保から郡府)にかけて、突然飛行機の滑走路の工事が始まった。
全国から多くの兵隊がきて、工事をしたが作業の道具は、小さなスコップなどで、ほとんどが手作業であった。
当時、席田小学校が兵隊の宿舎になり、体育館は工事の道具や、飛行機の原材料の置き場として、使われていたために生徒たちは、勉強ができなく国のために、勤労奉仕作業をしていた。
また、滑走路とわからないように、芝生や草を敷きつめたり、小屋を作り農地に装ったりもしたが、一度も、この滑走路は使われることもなく終戦をむかえた。
地元の人も、当時極秘に行われていたために、詳しく知っている人も少ない。

 当時の滑走路一部

当時の滑走路一部

2.平和塔

 

昔は、今の席田小学校の中央玄関付近に、この平和塔がありました。
校舎新築のために現在は、本校南の糸貫東幼児園の隣に祀られています。
この塔には、日清戦争から太平洋戦争で亡くなられた郷土の人々の精霊が祀られている。
また、太平洋戦争では、105名が帰らぬ人となった。

 平和塔

平和塔