弾正小学校  学校紹介  学校沿革

学校沿革

沿革の大要

 

明治 7年 学制発布に基づき、教倫学校として創立する。
  政田・浅木・国領・森・温井・下福島の6か村で政田村柳原に校舎を建築する。
11年 政田村竹後に西洋風の校舎1棟を新築する。
19年 政田尋常小学校と改称する。尋常科4年を義務教育とする。
24年 濃尾地震により校舎全壊する。七五三村の家屋を借り授業を行う。
26年 校舎を新築する。
41年 義務教育6年となり、校舎狭隘のため増築する。
大正10年 高等科を併置する。
11年 校舎増築し、4年以上を新校舎に移す。
昭和16年 国民学校令により、弾正国民学校と改称する。
22年 弾正村立弾正小学校と改称する。
36年 運動場を拡張する。
39年 町制施行により、真正町立弾正小学校となる。
40年 プールが完成する。
49年 創立百周年記念式典を挙行する。校歌を制定する。
50年 新校舎(現在のもの)が落成する。記念事業として学習環境の整備をする。
52年 講堂を改築する。
54年 ソニー理科教育振興資金優良賞を受賞する。
55年 ソニー理科教育振興資金優秀賞を受賞する。
56年 体育館・自然園が完成する。
60年 図書館奨励賞、子ども銀行東海郵政局長賞を受賞する。
61年 野生鳥獣保護功労県知事賞を受賞する。
62年 流水ランドが完成する。
平成 2年 新プール(現在のもの)が完成する。
4年 県福祉ボランティア助成校の指定を受ける。(平成4・5年)
5年 動物ランド祭り15周年の記念式典を行う。
  県獣医師会より動物愛護の表彰を受ける。
6年 野鳥愛護校(県知事)・愛鳥モデル校(大日本猟友会)にそれぞれ指定される。
  県獣医師会主催「学校動物飼育シンポジウム」で発表する。
8年 パソコン22台を設置する。
10年 校舎の耐震工事をする。
12年 パソコン40台設置、校内LAN完備する。
13年 パントリー拡幅工事をする。留守家庭教室が始まる。
16年 動物ランドが新築され、校舎東側に移転する。(16年1月30日)
  町村合併により、本巣市立弾正小学校となる。(16年2月1日)
16年 3階建て多目的教室校舎を東側に増築する。
17年 県指定「児童生徒の未来を育む学校づくり研究開発事業」を受ける。(17・18年)
18年 文部科学省指定「学校評価ガイドラインに基づく評価実践研究」を受ける。(18・19年)
18年 造形表現・図画工作・美術教育研究会授業校となる。
20年 動物ランド30周年記念式典を行う。
22年 県獣医師会主催「学校動物飼育シンポジウム」で学校・PTAが発表する。(2月21日)
23年 日本獣医師会・全国学校飼育動物研究会主催「全国学校飼育動物研究大会」で発表する。(2月13日)
27年 公益財団法人日本動物愛護協会主催の第8回「日本動物大賞グランプリ」受賞。
28年 動物ランド祭り最終回・「さよならおみこし」の会を行う。
29年 体育館大規模改修(6月開始) 運動場芝生化(7月開始)